<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

壊れるくらい・・・
どーも、ホンゴーです。

さて、前述の稽古場日記をご覧頂ければわかると思いますが、
我が愛する後輩・川村進は、若干壊れています。
同じ記事が何故か二度も投稿され、「静馬さんのフリを完全にに殺していたのも・・・」と、何故か「に」が一個多く記載されています。

台本大好きなのは良い事ですが、明日で稽古も終了という今日に至って、
「・・・もう台本、離せねぇ・・・」とみんなの前でつぶやく始末。

おいおい、本番は離そうよ、台本。

長身・イケメンのクールガイ、川村進が壊れるくらい、密度の濃い稽古の日々も明日が最後、いよいよ来週21日(水)から「メゾントーレ203」、皆様にお披露目です。


改めまして・・・

数多ある劇団・舞台公演の中からP☆M☆Cを見つけて下さり、その上、HPを開いて、更には稽古場日記にまで目を通して下さっている皆様、本当にありがとうございます。

初演の「メゾントーレ203」から早や3年、新作同様に生まれ変わった「メゾントーレ203」を生で体験できるのは、2008年5月21日〜25日が最後です。

初演から携わっている小生と致しましては、長年住んだアパートを取り壊されるような、市町村合併で生まれ故郷の名前がなくなるような、母校がダムに沈むような、そんな心持です。

中野ザ・ポケットでの五日間、キャスト・スタッフ一丸となって、存分に「メゾントーレ203」を満喫したいと思います。

稽古場日記をご覧の皆様、是非とも最後の「メゾントーレ203」、宜しくお付き合いのほどを。

・・・進、オレもわからないよ、写真の載せ方。
愚か者
稽古場日記を忘れていたことすら気付かず、更には台本大好きな、愚か者川村、再びです。過去の日記、読んでびっくり。静馬さんのフリを完全にに殺していたのも、川村です。
これはますます一見の価値ありですよ。おすすめです。おやすみなさい
いまの時間…
眠ろうと横になると始まりますね。頭の中のシュミレーション。それを考えるのをやめようとすると、あらら。過去に演じた役のシュミレーションが始まってしまいました。呪いです。呪いの結果、是非、観に来て欲しいです!待ってますよ。読んで下さった方。
やっぱり、携帯からの写真投稿方がわかりませんでした。ごめんなさい。
大畑 進
いまの時間…
眠ろうと横になると始まりますね。頭の中のシュミレーション。それを考えるのをやめようとすると、あらら。過去に演じた役のシュミレーションが始まってしまいました。呪いです。呪いの結果、是非、観に来て欲しいです!待ってますよ。読んで下さった方。
制作の小部屋
普段は演者側の人々も、
自分の出番ではないシーンは稽古を見る側にまわります。

その様子を観察していると、
なかなか愉快です。

真剣に見ている人もいれば、
自分だったらこうする、を実践し
ブツブツ台詞を言ってみたり。
本気でウケてたり。

たまに瞑想してたりして。





視点を変えるという作業は、
芝居を作っていく上で大事なことだと思うのです。
それはスタッフも同じ。
そこで試行錯誤しながら生まれたものを膨らませていく。
キャストとスタッフ、それぞれのアプローチの仕方は違っても到達点は一緒です。


お客様に楽しんで欲しい。
より多くの方々に。

そんな気持ちを込めてお送りする
「メゾントーレ203」

幕が開く日はもうすぐです!!

チケット予約はコチラで承っております↓↓
http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_main_id=4850




メゾントーレの風景 Part.16
いよいよ稽古も 本番用の衣装 に着替えての 稽古になってきました。


小道具もどんどん 本物 になってきてます。


稽古もますます をおびます。

そんな稽古の合間には、舞台監督さんがさらに作品を 完成 させるための
仕事をしています。

ここを開ければ、別世界 です。





来週 /21(水)19:30〜 開幕 になります。

切なく面白く、胸が キュン となる メゾントーレある一日...

ぜひ劇場に観に来て下さい。
お待ちしています m(_ _)m


チケット予約は → こちら から (^-^)
たまには
稽古日記書かないとな。
伝わらないもんね。

今は宮田さんの日記のように毎日通し稽古と小返しの繰り返しです。

ただのルーティーンワークにならないように気をつけながら、稽古の為の稽古じゃなくて本番の為の稽古を、日々毎回毎回新鮮な気持ちを持ち続けながらやらないといけないわけですよ。

今踏ん張らないと。

考えていることはどうしたら面白くなるか、笑ってくれるか、心に響くか。
それが全てだし、それしかありません。
舞台で嘘はつけません。編集があるわけじゃないしCGもつかえません。画面っていうフィルターも通せないのです。
だから怖いし、繊細だし、でもそれ以上に楽しいのです。

しっかりと自分の声でお客様の前に立てますように
制作の小部屋
写真撮影担当のミヤタです。
ベストショットを狙っていますが、つい、見ることに夢中になり
シャッター押すの、今のとこなんじゃね!?
なんてこともしばしば。

よし、今度こそ。意気込んでファインダーをのぞくと
左上に赤いマーク。


んんんー



バッテリーが、ない。

「充電しとこうぜ、静馬くんっっ」
と、そんなことに気をまわしている場合じゃない主宰のせいにし
シャッターを押しては、電源を切り、また電源入れて、撮る。
みたいな動作を細かく繰り返しております。


今日は、通し稽古(話の最初から最後までをとめずにやる)もあり、
それをすることによって改めて気づいたり、
まだまだ良く出来る部分はいっぱいあることが分かったりするんですね。これが。

これから劇場へ入るまでは通し稽古を繰り返し、完成形に近づけていくのです。

皆様に楽しんで頂ける公演にしたいと日々精進。
そんな「メゾントーレ203」

チケットはコチラでお買い求め頂けます↓↓
http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_main_id=4850